山奥のカフェ 4番

山奥のカフェ2

投稿日:2017年1月13日

ここは山奥にひっそりと佇む穴場のカフェ

穴場すぎて客はまったくこない

しかたがないので自分の為にコーヒーを淹れる

今日は新しい豆を仕入れてきたので試すのにちょうどいい

もう残りがこれだけしかなかったのだ

 

IMG_20170110_143721.jpg

さっそく空きビンに今日買ってきた豆を入れ替えてみた

 

IMG_20170110_144028.jpg

全部はこのビンには入りきらなかった

わずかだが溢れてしまったのでそれを使ってさっそく挽いてみることにしよう

 

tree_kafe13.jpg

いつもどおり ゆっくり ゆっくり

どうせ一人分なのでのんび挽こう

 

IMG_20170110_150010.jpg

さて新しい豆はどんなものだろうな

種類はモカブレンド

 

IMG_20170110_150109.jpg

カウンターで飲もうかとおもったが今日は風もなく暖かいので

テラスの方で飲むことにしよう

 

ツリーカフェ テラス1

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

酸味が少し強めだがマイルドでなかなか飲みやすい

名前も知らない小鳥が三匹ほどで追いかけっこをしている

目で追うのをやめ目を閉じて

小鳥たちのさえずりを耳を澄ませて聞きいる

なんて穏やかなのだろう

目を閉じているのに音だけでかわいい小鳥達の位置がはっきりとわかる気がした

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・今なら撃ち落とせそうな気がする!!!

 

 

まぁ さすがに撃ち落とすのはかわいそうなので他のものにしておこう

客もこないし暇なので下に降りて扇子を流木の上にのせてみた

なんだろう・・・どことなく松の木にみえなくもないのが不思議だ

 

 

IMG_20170110_152812.jpg

上にあがり弓矢を用意する

 

IMG_20161225_142156.jpg

壁にかかっている上段の愛用の弓を手に取り矢を三本ほどつかんでテラスへと向かう

弓と扇子といえばやはり那須与一を連想してしまう

与一の場合は浜辺から船の上の扇を打ち抜いたらしい

私がツリーハウスの床を踏むたびにギィギィと音がなる

まるで船の上にいるような錯覚になる

揺れる船の上から浜辺の扇を撃ち落とすのも相当に難しそうだ

 

tree_kafe24.jpg

矢をつがえ弦を引き絞る

狙うは一点

扇めがけて矢を放つ!!

 

 

 

 

 

 

 

・・・よし・・・

いまのは無かったことにしよう

 

tree_kafe25.jpg

気持ちを新に矢をつがえ

精神集中

弦を引き絞る!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまわりさん  コイツです!!

 

ファッ!?

いえ・・・これは違うんです!

そういうのじゃなくて

そう・・・

・・・・・・・・・・・・・・

映画の撮影です!!

 

 

 

 

シーン1  ファッとして仙人郷
夜叉の構え!
夜叉の構え2

 

 

シーン2  里見八犬伝
星よ、導きたまえ!
星よ導きたまえ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・さてと・・・

 

 

コーヒーでもおかわりするかな

 

 

 

 

 

 

tree_cafe27.jpg

ここは山奥にひっそりと佇む穴場のカフェ

穴場すぎて客はこない

今日も 白面亭は通常営業中

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

注意:この物語はフィクションであり実際にこのようなお店はありません
もし似たような場所を見つけたとしてもそっとしておいてあげましょう
キツネさんとの約束よ

 

 




スポンサードリンク


スポンサードリンク


-山奥のカフェ 4番

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


制作者:仙人郷
最近はツリーハウスをセルフビルドしたのでそこでのんびり コーヒーをのみながら過ごすことが多いです
旧ブログ
新ブログの一回目




ツリーカフェ 白面亭
ツリーハウス 店内紹介
キツネじゃ!キツネの仕業じゃ!! 超短編物語、山奥のカフェ
  • 198554総訪問者数:
  • 135今日の訪問者数:
  • 1108昨日の訪問者数:
  • 16839月別訪問者数: