パスタは節約の王様

 

小屋生活に限らず貧乏さんにも多大な支持を得ているとおもわれる

パスタ

 

その魅力はなんといってもコストパフォーマンス

私は100円ショップで500gのを108円で買うことがおおいのだが

場所によってはもっと安く買えるところもあるのだろう

 

500g一袋あれば3~4食ぐらいいけるはずだ

調味料も色々あるが私はお手軽な味塩コショウを振って食べることが多い

値段的にも安くすむし

他にはしちゅーに絡めてカルボナーラ風とかナポリタンなんかも良い

 

コスパでいえば食パンも捨てがたいが私のすんでいる場所は山奥の為歩いてちょっととか自転車で5分とかって距離ではないからガソリン代を考えると頻繁には買い出しにいけないのでやはり長期保存のきく乾麺がさいつよではないだろうか

 

ただし弱点もある

パンは調理せずともそのまま食せるがパスタは茹でないといけない

しかも安いパスタは茹で時間7分とか11分とか意外とかかる

少し高いのは早ゆで3分なんてのもあるがどうしても安いものを買ってしまう

 

もっと寒くなって薪ストーブを焚いていて上が空いている状態なら

なにも気にせず11分だろうが30分だろうが茹でていることも可能だが

温かい時期はそうもいかない

 

最近ではよく知られている裏技なのだがあらかじめパスタを一晩水につけといて茹で時間を短縮するというものがある

これはなかなか良いものなのだが私は気まぐれさんなので急に食べたくなるからそんな準備はしていない

そこで考え付いたのが似たような効果があり30分程度で処理できる方法

 

それは

まずパスタをフライパンにいれ水は1.5cmぐらいだろうか?

とにかくギリの最小の水しか使わない

 

調理手順とは違うが私はパスタは半分に折ってジップロックの長めの入れ物ぽいのに保管している

 

この容器 100円で売っているのだがパスタを半分にして保管できるので

なかなか便利

 

そして半分ならこんな感じでフライパンに寝かせて収まるので

少量の水で茹でることができる

 

基本茹で時間10分だと 沸騰時間+10分なので水の量にもよるが

意外と火を使っている時間が長い

 

そこで私が考え裏技なのだが

まずはこの水に浸した状態で水温を50~60度ぐらいまで上げる

このぐらいの水量なら1分もしないで到達するだろう

そしてフタをしたそのまま15分ぐらい放置する

すると温度のおかげで浸透が早いのか一晩水につけ置きしたときと

同じような状態になる

 

なのでその後再度1分ぐらい火をつけて沸騰した時点で火を止める

一度 沸騰すれば火を止めても温度はそうそう変わらないだろう

 

様はカップラーメンと一緒で 一度お湯をそそいでその余熱でふやかしている状態

あとはそのまま5分ぐらい放置しとくと普通に食べられる状態になる

一本食べてみてまだ少し芯があるようなら20~30秒火をいれればまたすぐに沸騰するからその状態で3分ぐらいみればもう完璧であろう

 

茹でっぱなしよりは少し時間がかかるが食べようとおもって30分程度で

出来るのでガス代を考えるとなかなか良いと思うのです

 

なので買い出しにいった際はパンを

それ以降はパスタや粉ものとローテーションを組めば週一ぐらいの買い出しで

十分です

とかいいながら意外と余計なものも買っちゃうけどw

お菓子やら菓子パンやらお弁当も見るとすんごい食べたくなってくるんよね

できれば半額のがベストだけど私が買い出しにいく時間は昼間なので置いてないです

あくまでも上のは理想でなんだかんだと買ってしまいますよね

なので食費も月1万前後になってしまいます

パスタばっかり食べてれば3000円ぐらいで済みそうだけど

さすがにそれは無理があるだろう

 

私はそれほど味にこだわりはないので食べれればよいというスタンスなので

パスタはこんな感じで茹でております

食感にそこまでこだわらなければこれで十分だとおもうのだけど

 

 

みんなも意外とやっていたりするのかな?

私がおもいつくぐらいのことだし

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
 

 




投稿日:2018年9月4日 更新日:

執筆者:

制作者:仙人郷
最近はツリーハウスをセルフビルドしたのでそこでのんびり コーヒーをのみながら過ごすことが多いです
旧ブログ
新ブログの一回目




ツリーカフェ 白面亭
ツリーハウス 店内紹介
キツネじゃ!キツネの仕業じゃ!! 超短編物語、山奥のカフェ
  • 198558総訪問者数:
  • 139今日の訪問者数:
  • 1108昨日の訪問者数:
  • 16843月別訪問者数: