未分類

敷地の様子2

投稿日:

小屋の生活も落ち着いてきた普段道理に戻ってきたのでそろそろ他の小屋の紹介も再開しようかな

というわけで今回は倉庫を観ていこうかな

この倉庫はメインの小屋と同時に建てた物です

まだ小屋を自力で建てる自信が初めてでなかった為に

ジョイフル本田で売っている組立式で小屋が作れる

ジョイパネルをつかって建てた物です

 

土地を買って小屋を建てるまえにまずは整地をするために刈払機などを購入してあったのですが

そいつらを保管するために小型のビニールハウスみたいのを建ててそこを倉庫として使っていたのですが

本格的に住む小屋とは別に倉庫がほしいと思ったので

レンタルで2tトラックを借りて小屋、弐棟分のジョイパネを買ってきました

 

そんでメインの小屋>倉庫の順番でジョイパネ小屋を建てそれが初めての小屋づくりでしたが

そのまま今に至ります

中はだいぶ散らかっていてコ汚いけどまぁ観ていきましょう

 

外観から

600mmの板が4枚並んでいるのが倉庫用の小屋です

隣の900mmのコンパネは薪を積むために脇にこぼれないようにと雨が吹き込まないようにするために張っただけのものなので小屋とは別ものです

これは私が買ったときの材料のいろんなサイズですが

正面に4枚張ってあるのはこれだと

600x1800mmの1750円のが3枚と

扉にフラッシュドアという

594x1794mm一枚を組み合わせたやつですかね

 

横は今調べてきたら少し変則的で

窓の無い方は

450x1800mmを二枚と

600x1800一枚の組み合わせ

これだと幅が1500mmなので少し狭いとおもったので

改良して200mmx1800mmの杉板を一枚張って

幅1700mmにしました

なので倉庫の広さは2400x1700mmということですね

広さとしては2畳半といったところでしょうか

 

ちなみに窓を付けた方は

600x1800mmの代わりに

600x1200mmをつかい空いた隙間にプラの板を張った気がします

 

本当はこれと同じシンプルな組立 1,2坪タイプを弐棟建てようとおもって

その分の材料を買ってきたのですが

メインの小屋を広くしようとしてこの図だと横の壁は

600x1800mmx2と

450x1800mmx1で

幅1650mmになっていますが

600mmと450mmを入れ替えっこして

メインは600x1800x3にしたので

倉庫はさっきの通り

600が1枚と

450が二枚の作りになってしまいました

そうなると色々と小細工をしないといけなくなるのでさっきみたいに

200mmの杉板を隙間に張ったりと手間が増えましたが

おかげでメイン小屋のほうは少し広くなり使い勝手が良くなりました

 

1,2坪タイプは材料を拾ってもらえばわかるとおもいますが

床板が3500円x3枚として

一棟で約5万円

その他にビスやブロック屋根用のポリカ波板をいれて

56000円ぐらいでしょうか

 

私はこれを二棟分買ってトラックに積んで帰ってきました

 

せっかくなので倉庫の中の様子

 

 

 

そのうち整頓しないとなw

こんな感じで左側だけ光取用にハメ殺しの窓があります

表から見た様子

現在は窓側は表に薪置き場を設置してあるのでこんな感じなってる

窓が無い方が棚とかも作りやすいからいんだけど倉庫は電気をつけてないので

やっぱりどっかしらに明かりを取り込む用の窓がないと中が見ずらい

 

本来は幅1500mmのところ無理やり1700mmに拡張してしまったため

前後に庇がなく雨が壁に直で当たってしまうので

背中側が少し腐り始めている

普通につくれば前後各150mmぐらい庇が出来るのかもしれない

買う屋根材しだいなのかな?

本格的に腐るまえに後で庇でもつくってやるかな・・

 

メインの小屋も一部 ジョイパネルで作ってあるがメイン小屋はそのうちに別記事で紹介します

 

 

 

 




スポンサードリンク


スポンサードリンク


-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


制作者:仙人郷
最近はツリーハウスをセルフビルドしたのでそこでのんびり コーヒーをのみながら過ごすことが多いです
旧ブログ
新ブログの一回目




ツリーカフェ 白面亭
ツリーハウス 店内紹介
キツネじゃ!キツネの仕業じゃ!! 超短編物語、山奥のカフェ
  • 128313総訪問者数:
  • 340今日の訪問者数:
  • 611昨日の訪問者数:
  • 15409月別訪問者数: