未分類

敷地の様子

投稿日:

ブログも新しくなったことなのですこし敷地の様子でも詳しく書いていこうかな

本日、取り上げるのは川沿いに建っている通称:涼み小屋

ここは文字通り、夏場の熱い時期に涼むために作ったものなのですが現在はツリーハウスが同じような機能なので
今年はまったく使っていません

天井も二重になっているし川に近いのでそこで冷やされた涼しい風が吹き抜けていくのでいままでは夏場一番快適な小屋でした

 

 

現在あまりつかってないから周りの雑草たちがすごいことになっているけどw

使わない場所は省エネのためにとくに手入れはしない

ただしたまに荷物はとりにいくので通り道ぐらいは確保してある

そんでここは涼みとは別の用途もあるのだ

 

さっき天井が二重になっていると書いたが本来は天井が暑くならないように風がぬけるような作りにしたのだがこのスペースが長ものを保管しておくのにすごい便利なん

なもんで建物つくるときに余った材料のSPF材とかエンビ管などのなげーのを天井裏に」つっこんである

直で日光も雨もあたらないから保管しとくのにはもってこい

 

ちなみに室内の高さは140cmぐらいしかないw

広さも1500mmx2700mmぐらいかな?

ちょっと涼むための場所なのでかなり狭目につくったん

中もみてみようかね

 

さっきも言ったがツリーハウスができて使わなくなったのでちょっとした荷物置き場になりつつある

このイスはツリーハウスにある四脚とは別のやつでロッキングチェアー用に買ったのだが

まだめんどくさくて手をつけていない

そんでかさばるのでここに保管してるん

あとは普段入口しめたらほぼ真っ暗になるので地元の飲み水ように組んできた湧き水は

ここに置いている

暗くて涼しいから水の保管にはもってこい

ジャガイモとかタマネギなんかもいいかもね

 

 

一応 電気もきてるでー

左の柱にくっついてるのがコンセント

メインの小屋からずっと電線が地面のCD管を通してここまできてる

シンプルにコンセント1個と電灯のみ

ここも普段は通電してない

使うときのみメイン小屋のプラグをぶっさしている

 

 

今は扉が閉まっているがこっちが正面の窓的な物

目の前にはすぐ近くに小川が流れている

距離にして3mぐらいだろうか

 

そんでこれが川の中から撮った正面の窓を解放している姿!

三分割にされて上に開ける仕組み

若干動物小屋っぽくみえるがまぁ見た目はあまり気にしないw

一番重要なのは涼しいこと

たまには川を眺めながらの読書もよいんじゃないでしょうか

まぁ川眺めてたら本はよめねーんだけどな

(`・ω・´)

 

 

せせらぎの音を聞きながら読書もよいんじゃないでしょうか

うん

これならバッチリね

ちなみにこの小屋っぽいものもブロックの上にちょこんと載っているだけの

簡易なもの

もちろん壁だって板一枚だぜ

材料費も30000円ぐらいだったかなぁ

もう昔なのであまり覚えてないのだけど作りがシンプルだからすこし数えればどのぐらいの材料がすぐわかるね

コンパネが20枚ぐらいと2x4が30~40本ぐらいかな?

これぐらい形もシンプルで天井もひくければ朝から作り始めたら1日であらかた出来上がるとおもう

柱も見ての通り必要最低限しかいれてない

日中の熱い時間に昼寝をするためのちょっとした休憩所みたいなもんだから

こんなちゃちい作りでよいのだ

これだってテントよりかははるかに快適だとおもう

 

 

 

さてと今回は第一弾として涼み小屋を紹介してきましたが他にも小屋があるから

そいつらはまた別のきかいにでも

 

こいつらブログ始める頃にはもう建ておわった後だったからいままであんまり細かく話してなかったきもする

建ててるときの写真もとっていたのだがそのデータの入ったPCがぶっ壊れて

資料が取り出せなくてそのころの写真は全滅

ヾ(。`Д´。)ノ

 

今みたいにブログやってれば日記としてデータものこっていただろうにね

 

 




スポンサードリンク


スポンサードリンク


-未分類

執筆者:


  1. 匿名 より:

    山中の庵!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


制作者:仙人郷
最近はツリーハウスをセルフビルドしたのでそこでのんびり コーヒーをのみながら過ごすことが多いです
旧ブログ
新ブログの一回目




ツリーカフェ 白面亭
ツリーハウス 店内紹介
キツネじゃ!キツネの仕業じゃ!! 超短編物語、山奥のカフェ
  • 109120総訪問者数:
  • 99今日の訪問者数:
  • 705昨日の訪問者数:
  • 10664月別訪問者数: