未分類

お宝発見!!!

投稿日:2017年10月16日

 

ワシ 今、不本意ではありますが短期のお仕事中であります

現場もあちこちとせわしなく変わりその中の一つに宝箱をみつけました

 

宝箱といっても以前出てきたミミックはまったく関係ありませんけど

もちろんこの日記には擬態リンクもアリマセンヨ

 

本日は新築のアパート的な建物のまわりをうろちょろしているのですが

こんなん見つけました

 

 

 

 

 

 

ゴミを入れるコンテナ

混廃なので色々なものが入っていますが木の端材もちらほら見受けられます

こんなんでも小屋暮らしの私にはお宝に写るのですぅ

端材でもこの前つくったような調理台的な小物を作ったりするのに

使えそうですし最悪薪として燃やしてもまったく問題ないので

帰りにすこし漁ってよさげなのを貰っていきましょう

 

 

 

木材以外はあまりめぼしいものはなさそうかなぁ

また建築途中なので少ないですがある程度、建て終わって大工さんの

仕事が終わればもっとよい端材が捨てられる可能性はありそう

 

ただしそこまでこの現場に通わなそうなのでちょいちょい貰って帰ろうかな

こうやって完全にゴミですって分けられていると貰ってきやすい

混廃は他のゴミよりもたしか処理代高いもんね

なのでういんういんの関係にぃ

 

昔はけっこう粗大ゴミ捨て場がチラホラあったのだけど

最近は全然ないもんなぁ

子供の頃はみんなで色々漁って遊んだんだけど

 

けっこうゴミ漁りってワクワクするんだけど私だけだろうか?w

ゴミっていうと表現があれだがガラクタ探しのほうが適切か

まぁそんな大差ないかもしらんがw

捨てられている電化製品なんかは殆ど使い物にはならんと思うけど

テーブルとかイスとかそういうのはまだまだ綺麗で使えそうなの

有りそうだもんね

 

実はこの日記を書いていることはもう10日間のお仕事は終わりで

明日にでも我が仙人郷に帰ろうと思っているのだが

もう少し長くあの現場にいたら大量の端材が手に入ったかもしれないのが

残念

 

 

そして話は少し変わるがワシ、忘年会とか新年会とか

みんなでワイワイやるの苦手なん

やりたい奴が勝手に集まってやればいいやんと思うのだが

なかなかそういうわけにもいかない

 

社員旅行とかも同じ

もしも1万払えば行かなくてもいいって制度があったら

金払ってでも行きたくない派

 

今の時代、けっこう飲み会もやらないところが増えてきたという話はちらほら聞くけど

もっと浸透してほしいもんだ

 

そこで私が編み出した作戦は

断ることが不可能なら初めからその季節に仕事をしなければよいじゃない

という画期的な戦法

 

ここ5年ほどは12月、1月の忘年会、新年会の季節は

まったく働かないことに成功している

おかげさまでストレスを溜めることなく年末年始をのんびりと

過ごすことが出来るようになったのです

 

 

本当の昔馴染みの同級の仲間と少人数で楽しく飲むのなら好きなんだけどね

楽しく飲むだけならいいのだけど会社とかの忘年会ってそれだけじゃ済まない

気がするから嫌なん

強制で一曲歌えとかって始まるもんね

あんなんも歌いたい奴が勝手に歌ってればいいんだよ

歌いたくない奴に無理に強制すな

そんな雰囲気が苦手で嫌いなので極力飲み会には参加しないし

抜けられそうもないなら初めからその季節は仕事をしないという

選択肢で事前に予防することに心がけている私です

 

忘年会とか新年会って本当にみんな楽しいのかなぁ?

半分ぐらいはいやいや参加している人もいるような気がしなくもないのだが

どうなのだろう

私にはまったく理解不能です

ってなわけで今年もそのあたりの時期が近づいてきたら仕事しないように

しないとね

年越して1月も半分ぐらい過ぎたら仕事禁止注意報を解除してもよいだろう

 

 

まぁ働くか働かないかはその時の気分しだいで決めると思うから

たぶん暖かくなってからだとはオモウケドネ

 

 

世の毎日働いている皆様 ご苦労さまです

私にはそのような生き方は無理そうなので

生活水準を落として山奥で気ままに生きていこうと思います

 

 

さぁ 我が仙人郷へ帰ろう

 

 

 

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
 

 




スポンサードリンク


スポンサードリンク


-未分類

執筆者:


  1. ミミ より:

    うちは昔から薪風呂で、建築端材はいい燃料なので無料とあらば嬉しくて軽トラで取りに行っちゃいそうですw
    写真のコンテナにあるダンボールも焚き付けに重宝しますが、古い年賀状や昔勤めていた会社の書類なんかを薪と一緒に燃やしていると、なんか趣きあって心に沁みます。

    • 仙人郷 より:

      風呂が毎日薪だとそうとうの量を使いそうですね
      うちではドラム缶風呂ですけど年に数回しか使いませんね
      薪の消費が激しすぎるので

  2. アラフィフ より:

    従弟は薪ストーブ用に果樹園を廻って剪定木を貰い歩いています。
    農家行脚しているとけっこう薪情報が手に入るようです。
    ただ、ちょっとコミュニケーションしないとならないですが。
    でも、キツネさんの所は薪に不自由はしないか。

    • 仙人郷 より:

      けっこう薪も節約はしていますからね
      私のように周りが森に囲まれていないと薪集めは大変そうです
      特にコミュニケーションのあたりが

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


制作者:仙人郷
最近はツリーハウスをセルフビルドしたのでそこでのんびり コーヒーをのみながら過ごすことが多いです
旧ブログ
新ブログの一回目




ツリーカフェ 白面亭
ツリーハウス 店内紹介
キツネじゃ!キツネの仕業じゃ!! 超短編物語、山奥のカフェ
  • 107669総訪問者数:
  • 89今日の訪問者数:
  • 645昨日の訪問者数:
  • 9213月別訪問者数: