未分類

落ち葉が積もる

投稿日:2017年11月15日

 

最近 そろそろブログも書くことなくかってきたし

ペース落とすか止めようかと思ってはいるものの

書くことないとかほざきながら記事が溜まっていて

毎日1記事だとすでに今月ぶんは埋まってしまっている

 

なんだろうこの矛盾

 

なもんで今日の記事を書いたとしてもアップされるのは来月になってしまいそうなので

季節感がズレてしまいそうな記事は順番を入れ替えて載せているので

たまに記事順と時系列が逆転している現象がたびたびあるのだが

まぁ気にしないで

 

きっと順番でアップしていたらこの記事なんて12月に掲載になってしまって

そこのころには葉っぱなんて一枚も着いてないだろうからね

そんなわけで繰り上げしておこう

 

 

 

今日もいつものように川に水汲みにいったら大量の落ち葉が庭先はもちろん

川にまで

 

第二冷蔵庫は川の中州にあるため渡るための飛び石を置いてあるのだが

その片方は落ち葉が詰まって堤防みたいになってしまった

葉っぱ一枚一枚は小さいがなんかの拍子につっかえるとこんな風に

ふさがってしまうのね

考えたくはないが人間の血管内もこんな感じなんだろうか・・・

 

この時期は水を汲むのも上流がから定期的に落ち葉が流れてくるので

その間隙を縫って汲む必要があるのだ

なんかのゲームみたい

 

まぁ別に一緒に掬ってあとで取り除いてもよいんだけど

 

上流は特には変わらないね

さすがにウワバミソウが枯れてしまったぐらいか

このでかい倒木も私が越してきた5年前にもすでにこんな感じで

年季がはいっていたがあまり変わらんのう

 

そういえば駄菓子屋のばーさんもすでに私が小学生のころ

ばーさんだったのに大きくなっていってみても

当時とまったくかわらないばーさんだったから

似たようなもんか

 

もう少し上流にきたけど(20mぐらい)

この程度の規模の川なので長靴があればずっと登っていけるだろう

昔に30分ぐらい歩いて登ってみたことあるけどずっとおんなじだったので

途中で引き返してきたことがあったなぁ

 

涼み小屋周辺も草が枯れてきて見えやすくなってきた

 

写真でみるとけっこう葉っぱが残っているように見えるが

実際の目視だと8割ぐらいは落ちてしまってまったく葉の

ついてない木もある

種類によって多少違うのだろうか

 

庭は一面落ち葉だらけで

ツリーハウスに向かうのに下の落ち葉を踏みしめて小道を

ザッザと足音をさせながら上がっていくともうすぐ冬が来るのだなぁ

と実感する

人間には五感というものがあるが

これは音によって季節を感じているのだろう

 

それと足の裏に伝わる枯葉を踏む感触が少々

 

そして目に入る黄色い絨毯

 

味覚と嗅覚はお休みです

とぎすませば晩秋の風の香りも感じることができるであろうか

さすがに道中は味覚はなしw

 

どうしても感じたければ落ちている葉っぱを

モシャモシャ食べれば味わうことも可能だろう

 

私はやらねーけど

 

 

ついでなので横手からも一枚パシャリ

この方角からだと藤のツタのようがものが沢山絡んだりぶら下がったり

していてすこし不気味な雰囲気もある

夕暮れで少し暗ってのもあるかもしれないけど

 

テラスの方は小屋の影にはいってしまってこの位置からだと見えないね

 

 

最近の仙人郷は こんな感じです

 

そしていまあるストックの記事が終わり次第ブログも収束していく

かもしれないのでもし急に止まっても心配はいりません

(やめるやめる詐欺で続けるかもしれないけど)

気分しだいなので自分でもあまりわからないけど

 

 

 

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
 

 




スポンサードリンク


スポンサードリンク


-未分類

執筆者:


  1. 赤霧 より:

     狐さんの小屋暮らし、楽しみにしてますよ。
     1日に2話でもいいですよ。

    • 仙人郷 より:

      たまに二話あげるときもあるけどけっこう一日1記事も
      開始当初は勢いでかけるけど最近はそれもなかなかアレです

  2. ミミ より:

    冬の記事も読みたいし、できたら春の記事も読みたい。仙人さんのブログだから文句は言えないけど、更新が無くなったら空虚な気持ちになるなぁ。

  3. みなみん より:

    読者としては「今日の山奥小屋飯」とかマンネリでも読みたいです
    源内記事ならマンネリとかどうでもいいくらい読みたいです

    普通の街中生活してる人の日常日記はそれこそ「チラシの裏にでも書いてろ」って感じですが、山中の小屋暮らしの日記は変化が無くて淡々としたものでも読み続けたくなります

    • 仙人郷 より:

      なにもしないと本当にマンネリ記事になりますからね
      散歩→水汲み→薪割 あたりの永遠ループ
      それこそ一月もループすればチラ裏になると思います

  4. アラフィフ より:

    辞めないで~!
    フツーの生活してるフツーの人の日常生活なんかは興味ないけど
    シガラミに絡めとられた一般人には非日常を楽しめる貴重な存在なんですよっ。
    世捨て人志願者にはもはやバイブルとなっているかも知れないし。

    とにかくキツネさんが今日も元気に何か(ワケわからんこと)してるってのが
    ワタシらの元気の元になっているような気がします。

    • 仙人郷 より:

      食堂→暖簾を下ろす
      アイドル→マイクをおく
      キツネ→木から降りる

      きっといずれは訪れるものなのでしょう

  5. 匿名 より:

    夜型になることはありますか?

    • 仙人郷 より:

      最近 ドラクエライバルズにはまり寝るのを忘れて朝の8時までずっと徹夜で対戦していましたが
      基本は昼型です 限られた電力なので明るい時に動いていた方が全てにおいて」効率がいいので
      まぁ 生活自体はニートと変わらないので気分でゲームや読書で夜中に遊んでようが
      まったく問題ないので自分のさじ加減しだい

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


制作者:仙人郷
最近はツリーハウスをセルフビルドしたのでそこでのんびり コーヒーをのみながら過ごすことが多いです
旧ブログ
新ブログの一回目




ツリーカフェ 白面亭
ツリーハウス 店内紹介
キツネじゃ!キツネの仕業じゃ!! 超短編物語、山奥のカフェ
  • 129421総訪問者数:
  • 413今日の訪問者数:
  • 569昨日の訪問者数:
  • 16517月別訪問者数: